« ただいま | トップページ | 雪まつり総集編 »

2010年2月16日 (火)

一生忘れない

昨年12月31日に叔父を看取って、もう49日が経ちました。

時が経つのは本当に早いものです。

今日、法要を終えて、
叔父さんが本当に「姿」としてこの世では会えなくなったこと。

でも、祖父母と共にいつも見守ってくれているだろうことを改めて思いました。

そして、
もう声を発せられない状態のなか、私の手をギュッっと握って
「司会の仕事頑張れ」とパワーをくれた事。

私はステージに立つ度に思いだし、
決して一生忘れる事はないだろうと思います。

夏になったら納骨をしますが、
もうこのお話をアップする事はないでしょう。

叔父さんはクヨクヨするのが好きではなかったから。

だから私も笑顔あふれる毎日を綴っていきます

改めて、1人1人が存在するありがたみを痛感した日でした。

|

« ただいま | トップページ | 雪まつり総集編 »

コメント

時がたつのは、本当に早いものですね。
その分一日一日を大切に、しっかり成長しながら生きていけるといいですね。
新谷さんが無理をせず、自然体の笑顔でいられることを、何もできませんが祈っています。
それは、新谷さんの笑顔にたくさんの力をいただいているからです。
これからも、お互いに頑張りましょうね。

投稿: MAO | 2010年2月17日 (水) 16時47分

新谷さんは、笑顔が一番!
このことを糧に、お仕事頑張ってくださいね☆

今は北海道に住んでいないので、
ブログの更新だけが唯一の楽しみです(笑)。
東京から応援していまーーす!!


投稿: イナモ | 2010年2月17日 (水) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただいま | トップページ | 雪まつり総集編 »