« 今度は長野 | トップページ | やっぱり今日も眠れない »

2011年3月14日 (月)

私達に出来ること

地震の影響で、東北ではまともに食事も取れていないのに、
スイッチを押せば電気が通って、
蛇口をひねれば水が出る、
シャワーもあびることができる・・・。

これがあまりにも贅沢で、怖いです。

同じ日本なのに、外に出れば、平和に笑っている人の姿になんだか複雑な思いです。


不愉快な、根拠のない不安をあおるチェーンメールが被災地に送られているという心苦しいニュースと並行して、

友人から昨日、こんなメールが送られてきました。

■お願い■ 

関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。
一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!こんなことくらいしか関西に住む僕たちには、祈る以外の行動として出来ないです!
このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!


関西から、北海道まで。
そして北海道の人から人へと、伝わっていますよ!


離れた場所で出来ることは「節電」だそうです。
最小限の使用にして、電気を一刻も早く消して、
少しでも節電を心掛けます!

今こそ、精一杯力を合わせないと!!


■□追記□■
この記事に関しまして、上記内容のメールもチェーンメールの一種だというコメントをいただきました。

教えてくださってありがとうございます。

このメールが誰によって、どういう意図で書かれたのかはわかりませんが、
節電を心掛けよう!北海道からもなにか出来ることがあるはず!という気持ちを起こさせてくれたことに関しては感謝の気持ちです。


ですが、被災地の方々にとって本当に必要な情報が得られず、
不安を煽ったり、電池をただ消耗させるチェーンメールの存在は不快でしかありません。

ここから本文を引用して送ることなどないよう、お願いいたします。


この日記は、その時々に感じたことを素直に綴っている、いわば私の生きた証だとも思っているので、
あえて記事を削除することは致しません。
御容赦下さい。


被災地の一日も早い復興を心より祈っております。

|

« 今度は長野 | トップページ | やっぱり今日も眠れない »

コメント

はじめまして。

後半の関西電力の情報ですが、他の方もおっしゃられているようにチェーンメールです。
たとえ内容がよい事であっても「このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!」という流布の仕方が問題なのです。
転送拡散を依頼するような文面はプロバイダなどの通信事業の妨げになり、混乱を招き本当に被災者が必要な情報が遅れるかもしれません。
ですので拡散防止の訂正記事の掲載をお願いします。
通信業界に身を置くものからの切実なお願いです。

投稿: saki2 | 2011年3月17日 (木) 10時01分

こんばんは、お久しぶりです。初めてのカキコミ急にすいません。

私も節電してます。

道南の町の送電設備と青森県を結ぶ海底ケーブルが大震災の被害を受けなかったことから、北海道電力から本州に送電が出来るということです◎

献血も行こうと思っています。

投稿: 高子未来 | 2011年3月16日 (水) 01時16分

東京は計画停電の影響がかなり出ています。

仕事も短縮営業ですし、問い合わせが多いので、
ひたすら電話が鳴り、その対応と謝罪の繰り返しです。
そんな中で、みんな少しでも節電を心がけています。

原発の問題も大変なことになっているので
そちらも心配です。

投稿: イナモ | 2011年3月15日 (火) 23時04分

申し上げにくいのですが、これもチェーンメールの一種だと思います。悪意はないのだと思いますが。

まず、「電気は貯めておけません」。(昔、CMでやっていましたよね)

だから、「備蓄がなくなり~」という時点で、稚拙な嘘とわかります。

関東の電力不足を補うため、関西からの送電は始まっていますが(中部電力経由かな)、関西と関東では使用しているHzが違います。

だから、変電して送電しなければならないのですが、施設のスペックに限界があり、送ることの出来る量には限りがあります。そして、その電力は、特別な節電をしなくても確保できるようです。

北海道からは、東京電力に送電できません。ですが、七飯と上北の間にケーブルがあり、東北電力に送ることは出来るそうです。

ですが、これも一日に届けることの出来る量には限界があり、現時点では、ほくでん公式サイトでは、この為の節電の呼びかけを行っていません。(冬の暖房需要に備え、多めに発電しているため、節電しなくても十分確保できるから)

節電が全く無駄なことだとは思いませんが、大体、私の理解している情報では、こういうことのようです。

繰り返しになりますが、節電は無駄ではないと思います。皇居では、天皇陛下も時間を決めて電力使用を控えるそうです。私も、今までなにげなくつないだままにしていたコンセントを抜きました。節電は、被災地と思いを一つにする手段の一つだと理解しています。

国全体で電力消費を減らすことで、今後の電力政策を動かすことも出来るかもしれません。


追伸
毎日繰り返される悲惨な災害映像を見ていると、被災していない我々も、ストレスが蓄積します。被災地を思いやるあまり、安全・快適な自分の生活に後ろめたさを感じたりして、それが精神的負担になることもあります。そういうものがありえるという事を自覚して、寧ろ、ゴキゲンな歌を聴いたり、部屋に花を飾ったり、スイーツを食べたりして、積極的に明るい気持ちになることが必要だと思います。

この災害対応は、長期戦になりそうです。もう少し落ち着いたら、新谷さんの役割も見えてくるでしょう(例えば、怖い思いをした子ども達に対する「おねえさん」としてのお仕事を通じたココロのケアとか)。その時に元気に活躍できるように、今は積極的に明るい気持ちになって欲しいと思います。


追伸2
私は、情報収集にツイッターを使っています。慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、とても有益だと思いますよ。電気の話も、そこで真偽を知ることが出来ました。まずは、私(@hakodate_tks)や、廣岡AN(@Tossy526)などをフォローして、はじめて見てはいかがでしょうか。アドレス、私の名前から、リンクしてあります。

投稿: たけsi | 2011年3月15日 (火) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度は長野 | トップページ | やっぱり今日も眠れない »