« ホワイトアウト | トップページ | 業務試写会 »

2016年1月20日 (水)

新聞が繋げる縁

さて、
私のおじさんが稚内の水族館のヒーローになった話です。



地方版・北海道新聞にこんな記事が…。

やっぱり、なかなか貴重な存在なんですね…。

が、しかし!
前のブログをお読みの方はもうお気付きかと!
私のおじさん。

新聞を読み。
最寄りの港にたくさんクリオネがいるのを発見して。

(地形や 潮の流れも関係するので特別なことなんですが、何年かに一度大量に港に居る事があるんだそう)

タモで優しくすくって捕獲!!
稚内の水族館に連絡してあげたんだそう!!

その数3〜400匹!!?

そのおこぼれで、私も可愛いクリオネを見せてもらったんです!!




めんこいなぁ。

おじさんは、稚内から引き取りに来るまでの間、極寒の中で海水を入れ替えては大事に見守り。

クリオネも排泄をするようで、それが体につくと弱ると知り、また海水を入れ替えては見守り。
過ごしました…。

バッカルコーンという名の大きな口が開いて、
プランクトンを頬張るシーンもたくさん目撃したようです!
(流氷の天使なのに 悪魔!と巷で呼ばれるゆえん)

水族館を想ってこの記事を書いた記者さん。
安心してください!
賑わってますよ!!笑

おじさんの優しさと、水族館の賑わいと

そこを訪れる人たちを想像すると、

私も嬉しくなっちゃうなぁ(^^)

|

« ホワイトアウト | トップページ | 業務試写会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトアウト | トップページ | 業務試写会 »