« ファイターズ北海道開幕戦を振り返る | トップページ | 母校を訪ねて… »

2016年4月 1日 (金)

29日はロビーコンサートでした!

3月29日はアミノアップ化学様で、ロビーコンサートの司会を仰せつかりました!!



2013年から年に一度の開催をされていて、
今年は東日本大震災から5年ということを受けて、
日々チャリティーコンサートでも 心の復興を支援されています、
チェリストの土田英順さんのコンサートです!!

以前舞台などでもお見かけし、音色に惚れ惚れとしていたので、本当に光栄でした!!



今日の演奏で東日本大震災チャリティーコンサートの300回目の節目を数える土田さん。
現地の今の状況はもちろん、どんな支援をしてきたのか、演奏の合間には生きた情報を話してくださいました。

現地で私も聞いたお話、そのままの内容に。言葉に。

手に抱いているチェロが、被災され、亡くなったチェリストの女性の楽器だった事を聞いて、

お話を聞きながら涙が止まりませんでした。

と、同時に、浮かんでくる東北の人たちの顔。
また会いたい!と心から思える人が東北に出来たことが、私と東北の繋がりだと思う今。

あぁ、漁師の松本さん。
宝来館の女将の岩崎さん。
なにわ の大将ご夫妻。
いまどうしていますか?
と溢れる気持ちがありました。

土田さんは4月末にまた東北を訪問し、チャリティーコンサートをしながら南下、
福島のギリギリのエリアまで、自分自身でお感じになり、被災地の今を見てくる予定だそうです。

会話の中で、周りの方から、土田さんが痛み分けをしてどんどんとつらくなってしまうのではとの言葉がありました。
その質問に。

「いいのさ、もう演奏中いつコロッといってもおかしくない歳だよ?早くね。東北に元気になってもらって。元々のチャリティー(赤十字や国境なき医師団など)も出来るようにと、願ってるんだ」と。

本当に心で演奏される方の徳というか、
そんな言葉をあてがう事も恐れ多いような。

土田さんがどれだけの人を想ってきたのか、そして、それを行動に移していらしたのかを思いました。

私にももっと出来ることがあるんじゃないかな。

そんな事を私だけでなく、みんな みんなで思ったら。
家族を思い遣るように、隣の人を支えたいと思えたら。
もっとあったか〜い日々になるだろうにな。。とも思いました。

何よりも、コンサートを開催されたアミノアップ化学さまも素敵な企業で、
こういった業界は、工場ばかり作って街の景観を悪くしてしまったり、環境に影響を及ぼしてしまいがちだけれど、それではいけないと思うんだ。
と、
間伐材など北海道の木材をうまく利用し建てた社屋や配置品から、

エネルギーを循環式で使い、
夏は冬場の雪を活用し、

冬は日光や、排熱をうまく活用して、
エネルギー使用を通常の60パーセント減されているとのお話も!!
(会長室は一切暖房を使用されていないそう!驚!)
モンロー様の足元にも、夏に活用される雪が!!




自然環境にも配慮されて、
動物の食料となる木の実がなるものを植えたり、また、センサーカメラを置いて、何を好んで食べるのか生態把握もつとめていらっしゃるそう!!

本当に地球の縮図というか…。
これからの未来に残したい考えと取り組みだなぁと思って伺っていたら、
なんと!世界各国から、社のシステムの見学に多くの方がおみえになっているそうです!!

納得!!

遊び心も忘れず!
ロビーでは、歴史に名を残す3名の偉人たちが迎えてくれている他、社屋に10体のお人形がいるそうです!



マリリンモンローは、ショービジネスの世界で懸命に自分を磨き続けた事から、
「常に高みを目指し、クリエイティブな仕事をしよう」と。


オードリーヘップバーンは、ユニセフの活動を積極的にしていた事から、
「社会に貢献するという気持ちを大切に」と。見るたびに思えるようにと課していらっしゃるんだそうです。

あ、ステージ越しに目があうこちらの方は…。




べ、ベートーベン様!!
これは土田さんも少しだけ緊張しちゃったのでは…!?笑

素敵な空間で、素敵な。
いろんな事を想える時間をご一緒させていただきました。
感謝 感謝。

|

« ファイターズ北海道開幕戦を振り返る | トップページ | 母校を訪ねて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファイターズ北海道開幕戦を振り返る | トップページ | 母校を訪ねて… »