« 旬をいただく | トップページ | 記者発表セレモニー »

2016年6月18日 (土)

温泉ソムリエ的日記・ニセコ五色温泉






札幌から下道で2時間弱

標高750メートル!
霧の中…というより、雲の中にその温泉はあります。






建物のすぐ横もこの景色。
硫黄の香りが立ち込めます。

幻想的かつ、
お湯に浸かると、ここは…極楽?と
どこかに召されてしまったかと思うほど。

何と言っても、硫黄が驚くほど豊かな証。
お湯が「淡いブルー」をしているんです!!

例えが良いか悪いかは別として、日差しが注ぐとそこはまるでグアムの海のよう!
(源泉温度が70度台と高めなので、温度は熱めだけれど 笑)


五色温泉HPから 女湯 大浴場の景色)

もう一方のからまつの湯が特に気に入りました!!

露天風呂の青色が濃い湯底部分を巻き上げてみると、
水流でサラサラ〜〜っと沈殿している有機物が動く!!
なんて豊かなお湯なんだ!!




表に温泉分析書があったので撮影させてもらいました。


泉質は

酸性・含硫黄 マグネシウム・ナトリウム・カルシウム−硝酸塩・塩化物温泉
と、書き連ねるのも大変なほどの豊かさ。
しかも、自然湧出で鮮度も抜群

ニセコアンププリやイワオヌプリを眺めながら、
鳥のさえずりや、
太陽と雲とが作り出す景色を眺めながらのひと時は格別です。


宿泊客が朝食でいただく温泉卵は、
日帰り客には今時期限定の提供だそう!

もちろん!食べます!!笑




私のは…残念ながら、
卵黄までしっかりと温泉成分が染み渡った感じのかた茹でに仕上がっていたんですが、
どこかの「黒たまご」と同様に、長生きできるような、
そんな心持ちがいたしましたとさ。

温泉上がりは…あら不思議!
遠くに薄雲は風に動きながらも、
すっかり晴れた!!







標高が高いだけあって、お天気が変わりやすいですが、
そこにだけ気を付ければ、
行く価値大アリの
最高の温泉でした!!

帰り道には羊蹄山も素敵におめかししてました!


ん〜例えるなら、スカート?それとも、おひげ?笑

皆さんも是非
自然を感じながら癒されに行ってみませんか〜?

|

« 旬をいただく | トップページ | 記者発表セレモニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旬をいただく | トップページ | 記者発表セレモニー »