« 明日から函館へ | トップページ | 函館ロケへ »

2017年3月 7日 (火)

実はね…

4日の仕事終わり 日付をまたぐ頃のこと、
未読メールに目をやると、

年代の近い大切な仕事仲間が
闘病の末に旅立ったという報告が入っていました。

しばらく、何もできませんでした。


その夜から、

仲間と色んな思い出話をしながら、

泣き笑いして〜落ち着いて〜の感情が

グルグル繰り返されています。


まだちょっと受け止められていません


顔をみてちゃんとお話したかった。

病院に行くも、
2回タイミングが合わず、
会えないままでした。

最期の最期まで
「らしい」生き様を見せてくれたことを
聞きました。


集まった席で
「人生になんの悔いもない」と
みんなに言ってみせた姿。


思うのは、
決して後悔がないように1日1日を
しっかりと刻んで。
噛み締めて。
生きていかなくては という心。

そして、叱咤激励をくれた姿や、
寝坊してみんなによく迷惑かける姿
その全てが 愛されていた 姿。

炎天下での司会の後、
私が熱中症で病院に運ばれてしまった際、
心配かけまいと気丈に演出してくれたDの気持ちを受け取って、メンバーが楽しんでいる雰囲気に、

お前たちは新谷が心配じゃないのか?!
それでも仲間なのか?!って
ケンカになったなんて話も

聞いた時、申し訳なくも、
嬉しかった…。

決して表に見せないけれど、
気ぃ遣いで、優しくて、
仲間の事をよく感じている。

優しいあなたを
ずっとずっと、忘れません。


当たり前に時間が過ぎていって、
立ち止まって塞ぎ込めないことが、
歯がゆくもありがたくもあります。

人に聞かせることじゃないし、
心で思えばいいんだけど、
ダメですね。

ちゃんと吐き出さないと、
全然感情が前に進まないんです。

仕事は、プロとして。
しっかりと、できうる限りをして来ます!

|

« 明日から函館へ | トップページ | 函館ロケへ »

コメント

自分は、連絡を受けていてもなかなか行く事ができなかった、、、叔父やお世話になった方…

全て自分の責任でした

今は今しか無い とても悔やみます

許す限り改めて時を大切になさってください

投稿: kazu | 2017年3月 9日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日から函館へ | トップページ | 函館ロケへ »